ガンと予防

ガン

家族のように大切に思っていた人が、食道癌と診断された。その前に会ったときから、固形物が喉を通らなくなったと聞いて、内心不安がよぎっていた矢先だった。いてもたってもいられず、ガンに関する知る限りの知識を元に、ネットで最新のガン治療等を調べ、運良く食道癌の名医と呼ばれている医師に診てもらうことができた。12年前に、家族をガンで亡くした私は、ガンの怖さ、抗がん剤、放射線治療の副作用を目の当たりにしてきたため、他人事とは思えなかったのである。早期に発見できれば、ガンはそこまで怖いものではないとは思うが、普段の食生活に気をつけることで、ガンの予防が可能なのではないかと思っている。ガンになってから、様々な健康食品を試したり、化学療法、民間療法をやるのでは、お金と時間が延々とかかる。また、どの療法がその人に合うかは、人の体が一人一人違うために、やってみないとわからない。ゆえに、ガン患者とその家族は、暗中模索の中で、わらにもすがる思いで様々なことをやってみる。正解を教えてくれる人はいないので、精神的にかなり辛くなる。

そもそもガンというのは、どうして起こるのだろう?その原因の大きな原因を占めると言われるのが、「活性酸素」である。活性酸素は、ガンだけでなく、糖尿病、アトピー、シワ、シミ、高血圧、動脈硬化等色々な生活習慣病を引き起こす。

活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のこと。活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしている。ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまう。私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れているが、そのうちの2-3%つまり、1日に7-10ℓが活性酸素になると言われている。そして、人間がもともともっている活性酸素を分解する力は華麗とともに激減し、その結果、高血圧・脂質異常症・糖尿病という生活習慣病、また、がんや老化をひきおこすといわれている。活性酸素は、紫外線、ストレス、タバコや排気ガス等、日常生活に様々な原因があると考えられている。

活性酸素を除去するにはどうしたらいいのか?それには、生きた栄養素を摂取する必要がある。抗酸化作用がある主なものとして、ビタミンC、ポリフェノール等があるが、これらの栄養素は、熱に弱く、調理する過程で簡単に壊れてしまう。よく、野菜を1日xxグラム取りましょうという啓蒙活動があるが、量にフォーカスしているだけで、どうやってとればいいのかまではフォーカスされていない。正しい取り方をしないと、効果は期待できない。農家の方が、ガン、生活習慣病等にならないだろうか?やみくもにとればいいというわけでないのである。

一番いいのは、毎朝、低速ジューサーで酵素、栄養素を壊さないような野菜の生ジュースを自宅でしぼって飲むことだが、これは、私も経験済みだが、なかなか続かない。材料を買うのも大変だし、保管するのも場所がそんなにあるわけでなく、毎朝早めに起きて作るのがしんどくなり、絞った後の野菜のかすの始末もなかなか困ってしまうのである。私も毎朝人参ジュースをせっせと作っていたとき、冷蔵庫が人参だけらになり、入らない分はベランダに置いていた。無農薬人参を使っていたので、腐りも早く、夏はスーパーで買うようにしていたが、会社帰りにスーパーで重いものを買って帰るのはなかなかパワーが必要である。そんなこんなで、旅行や出張やらが続きジュースを飲まなくなる日が続くと、いつのまにかジューサーは物置に放置されてしまうのである。

バオバブパウダーは、天然のバオバブの実を熱処理せずに、パウダーにしてあるだけなので、栄養素が壊れていない。食物繊維、ビタミンC、ポリフェノールが豊富なので、活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できる。毎朝寝ぼけた頭で、大さじスプーン山盛り1杯をボールにいれて、豆乳や牛乳、ヨーグルトに混ぜて食べている。バオバブパウダーは水分をよく吸収するためか、腹持ちがいいため、これでひとまず満足感が得られる。そして、これは気分的な問題なのだが、体にいいものを摂取しているという意識がなんとなく更に気分をよくしてくれるから不思議だ。特に前日外食でやらかしてしまった翌日の朝は、解毒したいと思うから尚更。ぜひ一度お試しあれ。

Go To Shop!

https://baobab-ak.com/shop/