セネガル バオバブの旅 その2

セネガル

前回に引き続き、セネガル情報をお送りしていきたいと思います。

アフリカで二番目に大きいバオバブの木

ダカールから車で1時間ほど走ったところに、アフリカで二番目に大きいバオバブの木があります。アフリカで二番目に大きいということは、世界で2番目に大きいということでしょうか。

横の車との大きさの違いをご覧ください。

バオバブの実がわんさか生ってますね。

こちら、バオバブの木の穴です。

中に入れます。このお兄さんが先導してくれました。足からよいしょと入りました。

中はもちろん真っ暗なので、最初に入った人は勇気ある人ですね。

中は、コウモリだらけ!!ちょっと気持ち悪いので、見たくない人は見ないでください!

コウモリのおしっこがふりかかってくるので、下手に上を見れません。中は結構広くて、コウモリと仲良しになれば、涼しくて快適なのかもしれません。

バオバブの盆栽屋さん

さらに車を走らせて町に行くと、車窓から、偶然こんなかわいい景色が飛び込んできました。BONSAI屋さんですね。

バオバブには、大きくならない品種と、大きくなる品種の2つがあるそうで、こちらは大きくならない品種のもの。とっても愛らしい花が咲きます。持って帰れないのが残念でなりません。。

プチバオバブも、やはりなんともいえない魅力があります。

日本で育ててみようと小さいのを購入。苗なので、土を落として、消毒して、検疫に持って行きました。

バオバブアスレチック

バオバブの森で、アスレチックができるところがあると聞いて、是非とも行きたかったのがこちら、アクロバオバブです!

レベルごとに、いくつかのコースがあります。我々は、上から二つめの、中級者用にしました。中級者用は、ガイドの人がつきそうので、安心です。

が、、、安心と思ったのも束の間!命綱は腰に巻くものの、アスレチックレベルが高すぎで、アフリカ人のような抜群の運動神経と、彼らのような抜群のスタイル(足、長すぎです)がない筆者は、木と木を細い枝つたいに移動する際は、バオバブ、バオバブと呪文のように唱えながら、下をなるべく見ずに恐怖心と戦いました。

ろんな汗を沢山かいたあと、バオバブの木からこんな素晴らしい景色が見えました。これ見たら、ここまで来てよかったと思えます。日本の基準では考えられないセイフティーレベルですが、アクロバオバブは、セネガルに来たら是非一度どうぞ!

バオバブパウダーオンラインショップ