バオバブを1年間食べた結果。。。

中性脂肪、血糖値、高脂血症、血液検査、メタボ バオバブ

バオバブを取り扱い始めて、1年以上たちました。

ちょうど1年くらい前から、高脂血症、メタボと診断されていた義理の父親に、バオバブを毎日食べてもらいました。

義理父は現在71歳ですが、50歳のときに、中性脂肪値がまさかの800!越えをし、医者から、「このままでは死にますよ」と言われ、薬でいったん治療はしたものの、

その後も中性脂肪値が基準値より高い状態が続いていました。

もちろん、食生活も、ご飯を茶碗1杯までとし、最初に野菜サラダを食べるようにしたり改善をして、中性脂肪値は少しづつ下がっていきましたが、それでも平均(40-149)よりは高い状態を維持していました。

バオバブは、成分の約半分が食物繊維で、食物繊維には、脂肪や糖の吸収をゆるやかにする効果があることが分かっていますので、試しに毎日バオバブをスプーン1杯(約10g)食べてもらいました。

食物繊維の働き

こちらが、バオバブを食べる前(2018年7月25日)の血液検査の結果です。

中性脂肪、血糖値、高脂血症、血液検査、メタボ

こちらが、約3カ月弱バオバブを食べた結果の血液検査の数値です。

血液検査結果、中性脂肪、血糖値、高脂血症、糖尿病予備軍

そして、こちらがバオバブを約1年間食べ続けた結果の血液検査になります。

血液検査結果、中性脂肪、高脂血症、血糖値、糖尿病予備軍

画像では分かりにくいかと思うので、簡単に表で比較してみました。

検査日 2018/7/25 2018/10/3 2019/6/28
中性脂肪 (基準値 50-149) 307 242 184
血糖(基準値 70-109) 111 101 96

約1年で、中性脂肪が40%減少、血糖が15%減少したことがわかります。

薬ではないので、劇的な変化というよりは、徐々に下がってきている、という傾向です。

1年間、食生活はほとんど変化せず、運動もたまに行くゴルフと、自宅での軽いストレッチのみで、普段は車移動なので、万年運動不足気味です。

食生活は、具体的には、朝は、そばかうどんともち一つ、昼は、出前の定食(油っこい)とサラダとご飯1杯、夜は、缶ビール1本と、おつまみ、家庭料理か、ご飯1杯と家庭料理。

毎週月曜日は休肝日と決めています。

比較はできないですが、ごく普通な食生活をしています。

バオバブは、昼ご飯前にスプーン1杯(10G)食べてもらうようにしていました。

本人も、気にしていた中性脂肪が100台に落ちてきたため、今後も続けていきたいとか。

こうやって、バオバブが誰かの健康に役立つのが一番うれしいですね。

バオバブのオンラインショップはこちら