台湾 豆花専門店 二吉軒

豆花、豆乳、台湾、二吉軒、soypresso、バオバブグルト、バオバブ、豆乳ヨーグルト 海外その他

お盆休みを利用して、家族で初台湾に行ってきました。

日本も台風で暑かったようですが、台湾も日差し厳しく、毎日大量の汗をかいて、これぞ夏!を満喫してまいりました。

さて、今回台湾で試してみたかったのが、本場豆乳の味。

台北には、ありとあらゆるところに豆乳(中国語では豆浆というそうです)が売られていて、無糖タイプと加糖タイプがあったり、黒豆豆乳など、いろんな種類の豆乳がありました。

台湾人は、朝ごはんに豆乳、ランチに豆乳(とある水餃子屋さんでは、餃子のおともに豆乳を飲んでいるおじさんが。なんてヘルシー!)、おやつに豆乳と、ありとあらゆるところに豆乳が出てくるみたいです。

また、豆花(トウファ)という、豆腐のスイーツも朝から晩まで屋台やショップなどで売られていて、まさに豆腐、豆乳天国な国でした。

今回ご紹介したいのは、豆花専門店の二吉軒という、台北にあるお店です。

こちらでは、豆花はじめ、豆乳ソフトクリーム、豆乳ヨーグルト、豆乳など、とにかく豆乳製品の専門店になっています。

1階で注文、お会計をしたら、2階のカフェスペースで食べれるようになっています。

我々が注文したのは、↑の写真にあるような、黒豆豆乳と、トッピングなしの豆花(上の写真だと、くずれた豆腐にしか見えないのですが)と、豆乳ソフトクリーム(写真はないのですが、一見は普通のソフトクリームと同じです)です。

黒豆豆乳は、ほんのり甘くて、しっかりとした豆の味がしました。

入っているボトルがかわいくて、ボトルもお持ち帰りしました。

豆花は、そのまま何もかけずに食べると、日本の絹豆腐よりなめらかで、豆の味がしっかり感じられる味で、つけあわせの甘いシロップをかけて食べます。

豆腐自体が甘くないので、とても上品な甘さでした。

シロップやトッピング次第で色々な味になり、コンビニで買った豆花は、黒蜜がついていて、黒蜜と豆花はかなり好みの味でした。

知り合いの中国の方が、日本の豆乳は味が薄くておいしくないと言っていた理由がわかりました。

確かに、本場台湾の豆乳は、どのお店もしっかりと豆の味が感じられて、豆好き、豆腐好きな人にはもってこいかもしれません!

二吉軒 SOYPRESSO

所在地: No. 223-13, Jinhua Street, Da’an District, Taipei City, 台湾 10661

豆乳と混ぜるだけで豆乳ヨーグルトができるバオバブパウダーはこちらから