授乳中、お酒は飲んでいいの?

育児

妊娠中もお酒を我慢、授乳中もお酒を我慢。

お酒が好きな方は、ため息をつくこともあるのではないでしょうか?

私も、お酒、特にワインや日本酒が好きなので、禁酒は結構つらいのです。。

身体の調子が良くなってくると余計に飲みたくなります。

一杯くらいならいいかなと、一人目のときも飲んでしまったことも度々。

今回は、授乳中の飲酒について、下記の本から抜粋した文章をもとに、授乳中のママの悩みの一助になればうれしいです。

参考図書:科学的に正しい子育て  森田麻里子著

そもそも、ママが摂取したアルコールは、どのくらい母乳に出てくるものなのでしょうか?

実は、吸収されたアルコールは母親の血中からすみやかに母乳に入っていき、母乳中の濃度は母親の血中とほぼ同じになることがフィンランドの研究からわかっています。

たとえば50キロのママが30グラム、つまりビール500ml程度のアルコールを摂取して30-90分後に赤ちゃんが200mlの母乳を飲んだとします。

すると、赤ちゃんは母乳を介して約0.15グラムのアルコールを摂取することになります。

これを体重あたりで換算すると、ママが摂取したアルコールのおよそ5%になります。

母親のアルコールが増えると、子供はどうなるか?

授乳中にアルコールを飲めば、それがたまにであっても、赤ちゃんに影響する可能性があります。

同じ量のアルコールを飲んでも、ママの体格によって母乳中の濃度は変わってきますし、アルコールの代謝能力は個人差も大きいです。

どのくらいのアルコールなら飲んでいい、という一定の見解はありません。

一つの例として、オーストラリアの研究者によって発表された、授乳中のアルコール摂取と子供の認知能力についての研究によると、母親のアルコール摂取量が増えるほど、子供が6-7歳になったときの非言語的推理力(複数の図形から法則性を見つけて穴埋めする問題)の点数が下がっていることがわかりました。

アルコール摂取量のスコアが1点増えると、非言語的推理力のスコアが0.11点下がる、という結果になっています。

さらに、その影響は10-11歳時点では消失しています。

授乳中のアルコール摂取の影響は非常に大きいとはいえず、これまでの研究結果からは、少しでも飲んだら大変なことになる、とまでは言えないようです。

どうしてもお酒を飲みたいという場合はどうしたらいいか?

母乳中のアルコール濃度は、アルコール摂取から30-60分後が最大となるといわれています。

もし、どうしてもお酒を飲みたいという場合は、アルコール濃度の高くないものをグラス1杯程度にとどめ、授乳するまでに2-2時間半以上の時間をあけると、影響を少なくすることができるといわれています。

お酒をたまに飲むことで、気分転換になって、何よりも楽しく育児ができるなら、そのほうが赤ちゃんとママにとっていい場合もあるかもしれないと思います。

育児は、仕事と違って、結果がすぐに出たり、だれかにほめられたり、認められたりするわけではありません。

だからこそ、お母さんがリラックスして、子供と向き合うことが何より大切なんだと思います。

授乳中の便秘解消、ビタミンミネラル補給に!