バオバブがNHKで放映されました。

セネガル

ちょっと前の話になりますが、NHKの、「世界のメディア ザッピング」という番組の中で、バオバブが取り上げられました。

実は、番組で紹介されている、フランス人農学者のピエールさんこそ、弊社のバオバブを供給していただいているパートナーです。

ピエールさんは、15年前にセネガルに移住して、バオバブの生産を始めました。

ピエールさんは、現地の人に職を与え、特に女性にとって働きやすい環境を整え、さらに、バオバブの植林もしています。

私はそんなピエールさんに魅せられ、バオバブを日本で売ることを始めました。

バオバブがその栄養価の高さから、世界から注目を集めていて、おかげでセネガルの農家の人々の生活が少しづつ向上している、バオバブは、セネガルの貧困を救うことができるのか、大きな期待が寄せられている、ということがリポートされています。

バオバブの生産に携わるセネガル人女性は、「米や洋服、文房具を買うことができました。残ったお金は貯金しています。」と言っています。

バオバブの輸出が増えれば、セネガルの人の仕事が増え、おのずと所得があがる、そして、バオバブを食べる人は健康になる。

このような好循環を、少しづつでも作り出したい、と思っています。

バオバブって何?