野菜嫌いな2歳児のおやつ

バオバブ

長男が2歳になってから、1歳のときより、食事を食べさせるのが難しくなってきました。

1歳のときは、人参、かぼちゃ、お魚、ご飯など、こちらが作ったものはほとんど食べてくれたのに、2歳を過ぎてから、突然、ぷいっと顔を背けて、野菜や魚を食べなくなってしまいました。

納豆ブームのときは、3食全て納豆の日もあるくらい、納豆ご飯だけを食べる偏食の日が続きました。

納豆は体にいいですが、とはいっても、納豆だけだと、ビタミン類は足りていません。

ジュースや甘いお菓子は、大人同様別腹で、いくらでも欲しがるようになってきました。

これはまずい!と思い、バオバブを食べさせたところ、バオバブブーム?というくらい、朝起きても、「バオバブー」夜ご飯のときも、「バオバブー」とせがまれるようになりました。

食べ方は、バオバブに、牛乳か豆乳を混ぜて、たまに甘酒を入れて、ぐるぐる混ぜて、ヨーグルトのようなとろみになったら食べさせています。

というか、スプーンで、一人でうまいこと食べてくれるので、これは楽!です。

市販のお菓子を買うより、何より身体によいのと、経済的なので、親としてはこのままバオバブブームが続いてくれたらなと願うばかり。

おうちでのおやつ時間に、バオバブグルト、ぜひお試しください!

バオバブはこちらから