バオバブ栽培日誌⑪

前回に引き続き、バオバブの栽培経過のご報告です。

福井は変わらず寒い日が続いているものの、12-1月の大雪がようやく溶けて、バオバブハウスもアクセス可能になりました。

ハウスの中に、ストーブを入れてみたり、ハウスの内側を発砲スチロールの板で覆ったりして、なるべくハウスの中の温度が低くなりすぎないようにしたものの、、

やはり、今年もバオバブは、福井の冬を越すことが難しかったようです。

葉が茶色くなって、落ちています。

土の温度は、16℃ありますが、朝晩になると、きっともっと下がるのでしょう。

弊社では、バオバブパウダーのほか、バオバブの種も販売しておりますが、北は北海道から、南は沖縄の方までご購入いただいております。

リピーターの方も何人かいらっしゃり、皆さんの栽培はどうなんだろう?すくすく大きくなっているのかな?と心配をしています。

室内で、冬でも暖かい場所で栽培されるなら、元気なのかなと思いますが、もしこの投稿を見た方で、栽培状況を教えていただけると大変ありがたいです!

バオバブの種はこちらから